ストレス発散!家出旅行記!

鉄道旅行や日々の日常等、記事にしています。

2019年末 北海道&東日本パスで東北&函館弾丸旅行!山寺~青森編!

前回は山寺観光まで書きましたので続きです
www.takustravel.com

12月28日

山寺観光を終え、仙山線に乗って仙台まで戻ります。
f:id:takuya-412338:20200122230552j:plain
11:10分発の仙台行きに乗車。
山寺駅で降車される方が多かったので無事にボックスシートを確保出来ました。

前日は仕事のあと終電まで移動。この日は始発から活動していたので、さすがに疲れが貯まっていたようで仙台までほぼ睡眠。何度か目が覚めたが写真を撮る元気もなく、体力回復に務めました。
12:10分に仙台駅に到着。

ちょうど昼時なので仙台名物の牛タンを食します!
仙台駅の三階には牛タン通りという、牛タン専門店が並ぶエリアがあるので、そちらに向かいます。
f:id:takuya-412338:20200122232506j:plain
仙台で牛タンを食べる時は必ずこちらのお店で食べてます。
すぐ近くに超有名店の利久がありますが、県外にも出店しているので、わざわざ仙台で食べる意味がないのでパスします。
年末ということで20人ほどの行列が出来ていましたが、20分程度で入店出来ました。

一人なのでカウンターに通されました。カウンターの目の前で牛タンを焼いているので、食欲が沸いてきます!

今回注文したのは店名にもなっている、善治郎定食!2350円!昼食にしては値がはりますが折角の牛タンをけちらないでいただきます。

f:id:takuya-412338:20200122233805j:plain
牛タン、牛タンソーセージ、ゆでタン、テールスープ、とろろご飯!最高!
とりあえず、うまかったー!!

それでは東北線にもどり青森を目指して旅を再開します。

13:31分の小牛田行きに乗車します。
f:id:takuya-412338:20200123001206j:plain
仙台から小牛田まではのんびりとした田園地帯を抜けて行きます。

14:16分に小牛田駅に到着。
f:id:takuya-412338:20200123001115j:plain

次は14:51分の一ノ関に乗り換えですが、時間が少しあるので暇潰しをしないといけません。
小牛田駅は、東北線、陸羽東線、石巻線の3路線が乗り入れています。
f:id:takuya-412338:20200123000555j:plain
なので貨物が、停まっていたりしていい雰囲気です。色々写真を撮っているうちに次の電車が入線。

f:id:takuya-412338:20200123001406j:plain
14:51分の一ノ関に行きに乗車。

15:39分、一ノ関に到着。
暖冬のせいか、岩手県なのに全く雪がない!
雪が見たくて、今回旅に出たのにすこし残念。

15:45分の盛岡行きに乗車。
当然ながらオールロングシート。残念ながら旅情はあまりありません。そんな車輌で一ノ関をあとにします。
平泉駅に到着する頃からようやく雪が見え始め、ようやく北国へきた事を実感。

年末の帰省ラッシュ、旅行客で車内は混雑。子連れのお母さんが大変そうなので席を譲ってあげました。この旅、初めて座れなかった区間です。

f:id:takuya-412338:20200123004359j:plain
多分、日詰駅だと思います。
ようやく本格的に積雪しています。
盛岡駅に近づくにつれ、人が増えていき、盛岡駅到着時には通勤電車のよう...
17:16分ようやく盛岡に到着。

盛岡から先は「青春18きっぷ」では侵入出来ないエリアに突入します。

盛岡から先は、いわて銀河鉄道(IGR)~青い森鉄道と第三セクターを乗り継ぐ為、18きっぷだと追加料金が発生するが、東日本&北海道パスでは追加料金を取られることなく乗れます。東北、北海道方面に鉄道旅行される人は東日本&北海道パスの方が使い勝手がいいので18きっぷよりも人気があります。

一度JRの改札から出て、階段を下りIGRの改札に向かいます。
初めての人は事前に調べておいた方がいいです。
f:id:takuya-412338:20200123230418j:plain
ホームに着くと、IGRの車輌は入線していました。
17:24分発でしたが、連絡する電車が少し遅れていたので、5分ほどの遅れで盛岡を出発。

盛岡出発時はかなり混んでいた車内も、駅に到着するたびに人が減っていきます。

遅れて出発しましたが、定刻の19:11分に八戸に到着。

f:id:takuya-412338:20200125092832j:plain
そして本日最後の乗り換え、19:35分の青森行きに乗車。これで無事に青森まで到着出来るので一安心。残念ながらオールロングシートの車輌でした。

f:id:takuya-412338:20200125093605j:plain
暇なので後方の車輌にかぶり付き。確か、西平内駅だったはず。
こんな景色を青森につくまでずっと見ていました。

f:id:takuya-412338:20200213011533j:plain
21:07分、無事に青森駅到着!
冬の東北は、遅延や運休が多いので心配でしたが、無事に青森駅まで来ることが出来ました!
よかったー。

八戸から乗ってきた電車は雪にまみれていました。
お疲れ様でした!


f:id:takuya-412338:20200213011942j:plain
高架橋から見る、青森ベイブリッジ。

f:id:takuya-412338:20200213012247j:plain
改札から出て、駅舎を撮影!
この日は23:30分の青函フェリーに乗る予定。まだ少し時間もあるため温泉に向かいます。

暖冬の為、雪も少なかったですが、さすがは青森といった感じで、温泉につくまでに体は冷えきってしまいました。

f:id:takuya-412338:20200213013044j:plain
そして徒歩5分!で到着!
1日電車に乗っていたので、ゆっくり体を暖めて、凝り固まった体をほぐしたいと思います!

aomori.atinnhotels.com

入浴料も450円と大変リーズナブルでしたが、内風呂は広く、露天有り、サウナ有りで大変満足でした。

入浴後には食事処で、ホタテ貝焼き味噌定食800円を頂きました!
貝焼き味噌とは、ホタテ、ネギを味噌て煮込み、卵でとじた郷土料理なんですが、卵はふゎふゎでめちゃくちゃ美味しかった!
青森まちなか温泉最高でした!

フェリーターミナルまで温泉から徒歩30~40分かかるので、もっとゆっくりしたい気持ちを抑え出発します。
外に出ると、さむいー!温泉で暖まった体がまた冷えていきます。

f:id:takuya-412338:20200213015743j:plain
こんな中を40分歩き続けました。フェリーターミナルの近くにいくと、海風が吹くのでもっと寒く感じます。駅からタクシーを使った方が無難だと感じました。

雪道を歩くこと40分。無事にフェリーターミナルに到着。往復代金3200円を支払い、今晩と明日の寝床をゲット!しかし青函フェリーは安いな。

f:id:takuya-412338:20200213020739j:plain
今回乗船した、はやぶさのドライバールームは、ドライバー以外も使用していいので、ドライバールームを使用しました!

f:id:takuya-412338:20200213021102j:plain
このドライバールームはなかなか優秀。通常の二等はプライバシー無しの雑魚寝なんですが、ドライバールームは追加料金なしで、カプセルホテル程度の個室を使用出来ます。当然、電源もあります。

23:30分青森港を出港!
ながい1日が無事に終わりました!

次は函館編です!